佐藤拓矢を勝手に応援する国士夢想

ミュージシャン佐藤拓矢をブログ主の主観で勝手に応援してしまうページです。他のミュージシャンのライブレポートやら雑記も書きます。

佐藤拓矢 JUDGMENT DAY ①

「覆水盆に返らず 犯してしまった過ちを 両手ですくい上げては 悪あがきを繰り返す」


これは、佐藤拓矢の楽曲「JUDGMENT DAY」の歌詞の一節である。


皮肉にも、今の彼自身を取り巻く状況を先取りして物語っていたかの様である。


さて‥今回はヘヴィーな内容になってしまう事をあらかじめご了承願いたい。

最近の佐藤拓矢について‥彼を支持する方々あるいは彼を支持しない方々の双方から様々な噂と既成事実が囁かれている。

それはこのブログを読んでいる方々なら既に御承知だろうが、佐藤拓矢の不倫及びそれに伴うマネージャー解雇の事案である‥

本題に入る前に‥この記事を読んでいただいている方々に伝えておきたい事がある。

それはこのブログを始めた動機。

それは、佐藤拓矢はtakuya nagabuchi名義での活動を突破口にしつつ、ようやく狭いローカルな世界からやや広い世間に出始めた‥その彼に対して惜しみなく応援するファンが増えつつある中、実はアンチによるブーイングが決して少なくなかったからだ。

いや、決して少なくないどころかかなりの数の人がtakuya nagabuchiを名乗る彼の歌声・演奏能力を高評価しつつも「しょせんはモノマネ」とバッサリ斬りつけていた。

ここでは詳細に触れないが、ブログ主はアンチ側の言い分も理解出来るし、その意見は一理も二理もあると思う。
反面不当な誹謗中傷が有ったのも事実。
だからこそ、佐藤拓矢がtakuya nagabuchiでの活動と並行しながら再度オリジナルで音楽に挑戦するこの機会に彼の魅力を伝えたいと、お粗末ながら駄文を打ち込み始めた。

まあ、単純明快。勝手に応援してた訳。

営利目的もナシ。

ブログ主の勝手な自己満足であるし、まだ始めて日も浅く記事数も少ない。

「誰がこんな駄文読むものか笑」とブログ主は半ば自虐的な想いでいたが、その気持ちとは裏腹に予想をはるかに超えた閲覧・シェアをして下さる方々が日々増えて来た。

既成既存の事実を前向きにレポートしてきただけの事なのに本当にありがたい。
感謝です。
そして、少なくない激励のコメントと最近の佐藤拓矢に関するコメントもいただいた。


佐藤拓矢の近況に関しては、あらゆる方面で様々な事実がオモテに出ている。

ブログ主は本気で佐藤拓矢を応援してきた。それはこのブログを閲覧している方々も同じである。だからこそ、事実をスルーしながら此のブログを続ける事は不可能なのである。

避けては通れないと思う次第である。


※②に続く