読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

佐藤拓矢を勝手に応援する国士夢想

ミュージシャン佐藤拓矢をブログ主の主観で勝手に応援してしまうページです。他のミュージシャンのライブレポートやら雑記も書きます。

しあわせのブルーバード

佐藤拓矢

「ブルーバードも聴きたかった」

「そうだね」


これは前回レポートしたSHIBUYADESEOライブ終演後に客達が交わしていた会話である。


厳密には終演後のBGMで「しあわせのブルーバード」は流されていたが、佐藤拓矢のセットリストには入っていなかった。

私も当然、と言うか絶対ブルーバードは演奏すると確信していたからこそ先の客達の気持ちは理解出来た‥理解出来たのだが‥

(もしや?と、別の疑問が浮かんだが‥ここでは述べない。もし機会があれば後日述べる)



なぜ?それはこの楽曲が作られた背景にあると思う。コアな拓矢リスナーなら御存知であろう、「しあわせのブルーバード」は元々拓矢が自分の愛する伴侶に向けて創り上げた楽曲であり自身の結婚パーティーにおいて演奏した楽曲である。


伴侶を想い、伴侶にのみ贈ったプライベートな作品故だからこそ、今回リリースされたアルバムにブルーバードが収録されていたのを知った際、私はかなり驚いた。


まさか収録するだなんて微塵も思わなかったからである‥


が、直ぐにこれは喜ばしい事だとも思った。


佐藤拓矢が心の底から妻を愛し、一生涯添い遂げる誓いを立てた名曲である。


佐藤拓矢は彼自身が言う様に、自分の日常生活をそのまま詩の中に投入している。


そして当然良曲である。


ならば、一生形として残るこの記念すべきアルバムに収録し、広い世間に永遠に、佐藤拓矢の愛はただ一つだという事実を公表したのだろう。


しかし、冒頭で述べた私の疑問は払拭されないが‥


つまり何故アルバムに収録しておきながら、自身の記念すべきオリジナル再スタートの記念すべきこのライブで演奏せずに、終演後の会場BGMにしたのか??


まあ、いい。




佐藤拓矢はもうすぐ父親になるという。


実に喜ばしい事だ。


心の底からおめでとうと言いたい。